古馬戦

1月のダート戦|単勝(3連単1列目)で買ってはいけない馬とは

更新日:

ココでは、1月のダート戦で1着馬を狙う場合の、買えるゾーンと買ってはいけない馬について説明します。

 

※この頁は今後、新たに発見したようなデータを随時加筆訂正していきます

 

1月ダートは下級戦が多い

 

 

1月のダート戦は主に下級戦が組まれてる番組です。

 

重賞はG2の東海ステークスのみで、

 

オープン3鞍を含めて、これは古馬戦になります。

 

どこの競馬場で開催してるの?

 

 

2021年からは京都競馬場が改修工事に入る為、

 

とりあえず2021年は中京代替開催になってます。

 

その他では中山と小倉で開催されてます。

 

狙っていきたい馬

逃げ馬

 

 

上の画は、当日の4角位置取り別成績になります。

 

4角先頭は勝率29.5%・連対率45%・複勝率56%は全部門トップ、

 

単回収値234・複回収値183もトップで、他の追随を許しません。

 

4角3番手以内までが勝率20%超と圧倒的に先行有利です。

 

人気アップの馬

 

 

上の画は前走の人気別成績成績です。

 

意外に思う方が多いかも知れませんが、

 

今回が人気アップ(イーブン含)になる馬の方が良績です。

 

ベタ買いでも勝率10%、単複回収値は80超です。

 

 

このうち、これも意外に思う方も多いと思いますが、

 

前走3着内馬はベタ買いで勝率24%、単回収値118と優秀です。

 

いわゆる、“人気薄好走の次走人気アップ”の馬が含まれる事になりますが、

 

下級戦では特にですが、勝ち上がった馬は勢いで連勝、

 

2・3着馬はクラス慣れのメリットがあります。

 

じゃ~上級戦では通用しないのかと言うとそうでもなく、

 

東海ステークス2020年ではインティが該当し1番人気3着、

 

すばるステークス2020ではココからワンスリーになり3連単17万馬券!

 

ポルックスステークスではココからワンツーになり3連単11万馬券が出てます。

 

狙ってはいけない馬

後方脚質馬は劣勢

 

 

上の画は、前走の4角位置取り別成績です。

 

4角10番手以下だった馬は単回収値100超ですが、

 

極端に率が悪くなってきます。

 

単勝92倍の馬が回収値を1頭で引き上げてるんですが、

 

後方脚質馬の場合、

 

例えば若駒の芝からの転向組とか、

 

初ブリンカーや大幅距離変更とか、

 

未知の魅力がない限り、ちょっと狙い難くなります。

 

半年以上の休養馬は劣勢

 

 

上の画は、2020年に行われた1月ダートの間隔別成績です。

 

半年以上の休養馬は【0.3.1.57】と未勝利どころか連対率5%とサッパリです。

 

この休養馬は月によってバラつきも大きいんですが、

 

半年休んで1月となると、

 

7月から出走してない事になります。

 

ご存じの通り、競馬は日本ダービーが終わった翌週から3歳馬が新クラスに入り、

 

今では降級がない“勝ち抜け方式”になってます。

 

それゆえ、6月が一番レベルが高く、翌年5月にかけ、段々とレベルが下がってきます。

 

っで、この1月にこの成績っと言うことはもう、論じるにも価しない訳なんですが、

 

ココは余程の魅力的な馬でない限り、“叩いて次”が妥当な判断です。

 

以上、1月のダート戦|単勝(3連単1列目)で買ってはいけない馬とは編を終わりたいと思います。最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

 

この頁は今後、新たに発見したようなデータを随時加筆訂正していきます

-古馬戦

Copyright© ただ勝ち馬だけを探し続ける競馬予想ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.