3歳戦

春の牝馬クラシックトライアルで狙える馬と狙えない馬

投稿日:

ココでは3歳重賞の3~5月期で1着馬で狙う場合の、狙うゾーンと買ってはいけない馬について説明します。

 

※この頁は今後、新たに発見したようなデータを随時加筆訂正していきます

 

トライアルとは

 

 

3歳牝馬のG1戦線は桜花賞から始まって、オークス⇒秋華賞と続きますが、オークスまでがクラシックっと言って、G1でも最高峰の扱いです。秋華賞は厳密には非クラシックですが、ココまでが牝馬“3冠”になります。距離が長い馬はNHKマイルカップに回りますが、これも非クラシックのG1です。これらのレースに出走する為の“予選”みたいな位置づけなのがこのトライアルで、レースによっては、着順ごとに優先出走権が与えられるケースもあります。

 

狙ってはいけないゾーン

大型馬

 

 

上の画は、2020年に行われた牝馬トライアル7戦の前走馬体重別成績です。

 

480キロを超える大型馬の成績が芳しくありません。

 

牡馬の場合は、適性より能力や完成度で持ってこれる時期が長いんですが、

 

牝馬の場合、一度ついた序列が中々変わり難いとも言われてて、

 

大きな馬体がアドバンテージになり難いです。

 

絶対不利っとは言えませんが、有利にもならないのはアタマに入れておきたいです。

 

完敗馬

 

 

上の画は2020年3~5月の牝馬トライアル7戦、前走着順別成績です。

 

着順だけで一概に言えない所もありますが、

 

5着以下からの巻き返し例はありません。

 

前記の通り、牝馬の序列は変わり難いのが遠因ですが、

 

ちなみに、一度馬体が合って負けた牝馬はその馬には勝てないとも言われてて、

 

これはデータには表れない部分ですが、

 

勝負付けが済んだ馬はアタマから狙い難いです。

 

前走ローカル出走馬

 

 

上の画は2020年3~5月の牝馬トライアル7戦、前走出走場所別成績です。

 

前走ローカル、裏開催出走馬は【0.0.0.7】で全滅です。

 

牝馬の場合、適性よりも能力が重要で、更に大事なのが相手との勝ち負けです。

 

裏開催やローカルに回る馬は、もう勝負つけが済んでるか、

 

それ以前に勝負になってないケースが多いです。

 

牝馬の場合、大半の馬が引退後に繁殖と言う大事な仕事が待ってるので、

 

それこそクラシックを狙えるような馬なら別ですが、

 

無理をしてまで出走させるよりは賞金狙いに向かう馬も多いです。

 

アタマから狙ってみたいゾーン

前走1着馬

 

 

上の画は2020年3~5月の牝馬トライアル7戦、前走着順別成績です。

 

1着馬の成績が抜けて良績で、半分以上はココから出てます。

 

“牝馬は格より勢い”っと言うのは古馬戦の話ですが、

 

若駒戦でも有効な時があるのでアタマに入れておきたいです。

 

キャリアの浅い馬

 

 

上の画は2020年3~5月の牝馬トライアル7戦、キャリア別成績です。

 

キャリア1戦馬は基本的に前走1着なので、これは前記データと重複しますが、

 

現実的に“負けた事がない”っと言うのは大きなアドバンテージです。

 

競馬の、特に若駒戦は勝ち抜け方式に近くて、

 

勝てば上のクラスにいき、どこかでアタマを打つことになります。

 

それがどこなのか?を予想するゲームとも言える訳なんですが、

 

それこそ人気薄なら“未知の魅力”で、全部買ってもいい位です。

 

先行馬

 

 

上の画は2020年3~5月の牝馬トライアル7戦、前走の4角位置別成績です。

 

近代競馬の先行有利は改めて書くまでもありませんが、

 

後方からの競馬は不利を受けるケースもありますし、

 

直線で多くの馬を交わす必要があるっと言うことは、

 

そこで差し損ねたり、それこそ馬体が合ったりすると今後に影響します。

 

基本的に全馬、どこかでアタマ打ちにはなりますが、

 

少なくとも、ココまでは先行できるような馬でないと厳しい事も意味します。

 

以上、春の牝馬クラシックトライアルで狙える馬と狙えない馬編を終わりたいと思います。最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。この頁は今後、新たに発見したようなデータを随時加筆訂正していきます

-3歳戦

Copyright© ただ勝ち馬だけを探し続ける競馬予想ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.